どうも、持ち家さちこ(@everyday_haha)です('ω')



住宅購入の際ほとんどの人が利用すると思われる住宅ローン。

今はマイナス金利でめちゃくちゃ安く借りられます。

金利が安いと元金をガツガツ返していけるので
できるだけ低金利を獲得したいですよね。


今回はわたしが実際に体験した
金利優遇のお話です。




金利の優遇率は一律ではない

住宅ローンを借りる際、
まず銀行ごとに審査を受けます。

だいたい何行か書類を出して
1番条件(金利)のいいところで借りるかと思います。


わたしは当時2つのマンションで迷っていました。
なのでどちらともから銀行に審査以来をしていました。



例)
マンションA : 4000万
        →X銀行 Y銀行 Z銀行

マンションB : 3500万
        →S銀行 T銀行 Z銀行

といった感じで3行ずつ審査以来。
(正式には同時ではなく、Bが先、Aは後からです)




そしてマンションの販売元ごとに
銀行の担当も異なります。

なので同じ条件で出したからといって
同じ金利優遇で返事があるわけではないのです。




そして審査の結果
融資金額が高いにも関わらず
マンションAの方
金利優遇が良かったのです。


ここからは想像なのですが
おそらくAを販売しているディベロッパーの方が知名度が高い(大手)ので
銀行もAの担当さんを通した方が融資しやすいのかと思われます。。







結局わたしはマンションBを購入することにしたのですが
金利優遇に納得がいきません。


うーーん、、
と思っていると


Bのディベロッパー担当者が

「むこうでその条件で出たのならこっちも出せるはずです、同じ銀行なんですから」

と言って銀行にもう一度掛け合ってくれました。


そんなにマンション売りつけたかったのか?(*´-`)
というのは置いといて、
買う側としたらとにかく少しでも安い金利をゲットしたい!!



再審査をお願いしてお返事を待ちました、、







再審査の結果..

そしてきた金利優遇はなんと、、
Aの時よりもさらに下がっていました


担当さん曰く
上司の方と一緒に銀行へ掛け合ってくれたらしく

銀行さんからのお返事は
「大変申し訳ございませんでした」
とのことでした。


銀行事情に詳しくないので普通がどういった対応なのかはわかりませんが
わたしとしては大大満足です( ˘ω˘ )!







勢いで購入は危険

不動産の購入は大抵の方が初心者です。

流れに身を任せ
言われるがまま印鑑を押していけば
簡単に購入できてしまいます。


モデルルームを見て「素敵!」と思うのは当たり前。
だってモデルルームだもん。
素敵に作るに決まっています。

そのまま他を見ず
何も調べずに契約してしまうのは
あまりにも盲信的です。



もちろん見るものを増やせば増やすほど
体力もいるし疲れるし根気がいる作業です。
実際わたしも最後の方かなり疲れていました(^^;


でも大きな買い物なので
やっぱり自分で調べたり交渉することは大事だなーと感じました。