どうも、持ち家さちこ(@everyday_haha)です('ω')

今回は無関係の方も多いかと思いますが
マンション購入を機に加入した”
地震保険の控除"についてのお話です。






1.地震保険控除とは


納税者が特定の損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料又は掛金を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。
これを地震保険料控除といいます。

(国税庁HPより)

そうなんです。
住宅にかかる保険のうち火災保険は控除の対象とならないのですが
地震保険に対しては控除対象となっています。


ちなみに
火災保険の加入は義務だけど
地震保険の加入は任意です。

任意だけど入ってほしいから国は控除対象にしているのかと思われます。


任意なのですがこの地震大国日本ですし
近年の震災を見ていても自分ではどうすることもできないものです。
人間は無力だ、、

ということで備えあれば患いなし。
わたしもお家を買ったときに加入しました。






2.どのくらい控除になるの?

実際加入したのが今年に入ってからなので
恩恵を受けるのは今年からです。

自分自身どのくらいの金額控除になるのか調べてみました。



1年間に支払った金額により計算されるのですが
どうやら所得税と住民税によって計算方法が異なるようです。


・所得税
年間の支払いが
5万以下であれば全額
5万以上であれば5万円まで

つまり
5万を上限に支払った金額全額が控除になります。



・住民税
年間の支払いが
5万以下であれば支払った金額の半分
5万以上は2万5千円まで

つまり
2万5千円を上限に支払った金額の半分が控除になる


結構大きいですね。



がしかし!

わたしは今年5年分の地震保険の支払いをしました。
じゃあこの5年分一気に控除になるの?と思ったら
分割
で毎年少しずつの控除になるそうです。

なのでかなり少額になりました、、
期待してたのにーーーー





 

3.地震保険控除の手続き方法

生命保険と同じようにハガキが送られてきます。

ただし
1年目は保険証券と一緒に送られてくるので要注意!
わたしは冊子の一部で届いていたので
ミシン目を切り取る形でした。

「誤って捨てないように!」
と手続きの時に口酸っぱく言われました(´⊙ω⊙`)




で、また金額を年末調整の紙に記載してハガキを添付するだけで終了。

くれぐれもこのハガキ(1年目は冊子)を捨てないようにご注意ください!
 






4.地震保険は加入すべき?

節税という面では地震保険控除はかなり小さなものでした。

でもそもそも保険なので控除はおまけみたいなもの。

今の新築は免振ばっちりだし心配ないとは思うけど
万が一大きな地震が来て倒壊、なんてことになれば
目も当てられません。

わたしは加入しましたが
ここの考え方は人それぞれなのでよく考えて決めれば良いと思います('ω')






5.まとめ

地震保険控除に関しては計算ツールはありませんでしたが
ざっくりと支払いが5万で一区切り。

上限が
所得税は5万住民税は2万5千
と覚えておきましょう。


年末調整に向けての準備、これでわたしは終了です('ω')
あとは年内にふるさと納税を満額するだけ!


12月、ボーナスと年末調整で楽しみです (°▽°)



【関連記事】
*税金のキャッシュバック(控除)についての記事です
#1 生命保険料控除
#2 個人型確定拠出年金(iDeco)